2012/08/29

薬草茶☆マンジェリコン

旧暦で行事を行う沖縄では、明日から3日間お盆です。
スーパーや市場では、お盆の行事に欠かせない食べ物や紙でできたお金などがたくさん並べられていて、見ているだけでもちょっとわくわくします。
いつもは見かけない、1m近くあるサトウキビも1本100円くらいで売っていて、買おうかどうか一瞬悩みました。

今日、いつも来るお客さんからいろいろと差し入れをいただきました。
メロンとタイ焼きと健康茶!!お盆だからでしょうか、こんなにたくさん、ありがとうございます☆


健康茶「マンジェリコン」、初めて聞いたお茶です。
沖縄にはクワンソウやグアバなど、昔からたくさんの健康茶がありますが、このマンジェリコンは、薬草の宝庫であるブラジル原産の植物で、これを沖縄で栽培、お茶に加工しているそうです。

この商品は、持ってきていただいた方の知り合いが作っているもので、有機肥料を用いて、農薬や除草剤を使わずに栽培し、加工までを一貫して行っているそうです。
世界的にも注目を集める「薬草」ですが、沖縄では暖かい気候とサンゴ礁の土壌という利点を生かして、ブラジル薬草の栽培が1980年代から行われているようです。

このマンジェリコン、血糖値を抑える効果が期待できるらしく、特に糖尿病や高血圧の改善によいみたいです。
ちょっとネットで調べてみてビックリ!!
ある会社での販売価格は、180gで1万円以上・・・。

一緒にいただいた説明書には、「中国では種子を『光明子』と呼び眼病治療に用いています。」とあります。
実は私の左眼は最近、「視神経炎」という病にかかり、コンタクトができないためずっとメガネ生活を送っているのですが、この眼を心配してこの健康茶を持ってきてくれたのでしょうか。
沖縄の人の心は本当に暖かいです。

薬草茶「マンジェリコン」

さっそく急須で普通に入れて飲んでみました。
ちょっとした苦味はあるものの香りはクセがなく、意外にもとっても飲みやすい☆
これなら薬草茶と意識することなく、普段のお茶としてごくごく飲めます。

視神経炎の方は、眼球にステロイド剤を注射してからグンとよくなり、8割方視力も回復しましたが、これを機に健康茶をしばらく飲み続けてみようと思います。
なんでも、脂肪の燃焼を助ける働きもあるためダイエット効果も期待できるそうなので、一石二鳥です♪♪


0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントを投稿